本文へスキップ

ネイリスト技能検定対策講座

ネイリスト技能検定・ジェルネイル技能検定

ジェルネイルの基礎知識/ネイリスト養成講座

ジェルネイルの基礎知識(初級)


(1)ジェルネイルとは
ジェルネイルとは流動性のある合成樹脂(粘液状)を爪に塗布し紫外線(UV-A※)や可視光線
(Vis※)を照射して硬化する光重合(フォトポリマリゼーション)反応を、ネイル材料として爪に
利用したものです。
※略号
UV:Ultraviolet (紫外の)
Vis:Visible (可視の)

(2)光重合(フォトポリマリゼーション)とは

重合(ポリマリゼーション)とは簡単な構造を持つ低分子化合物が2 つ以上結合し、分子量の
大きな高分子化合物(重合体=ポリマー)を生成する反応のことです。光照射によって開始さ
れる反応が光重合(フォトポリマリゼーション)です。
①ジェルの硬化
ジェルは光を照射する事により硬化します。ジェルの主要な内容成分はメタクリル酸エステル
モノマー・アクリル酸オリゴマー・光重合開始剤(フォトイニシエーター)が一体となっており、そ
の中の光重合開始剤が光を吸収し硬化します。
②未硬化ジェル
ジェルネイルを硬化させる時に、ライトとジェルネイルの間にある空気中の酸素により、UV-A
が遮断され、硬化しないジェルが残ります。それを未硬化ジェルと呼びます。
③光重合開始剤(フォトイニシエーター)
ジェルネイルに使用する重合開始剤は、光(紫外線、可視光線)を吸収する事によりラジカル
(不対電子)を発生、重合の起点となる成分、ラジカルによって重合するのでラジカル重合とも
いいます。ジェルが重合(硬化)する際、ラジカルが発生し発熱します。
※ラジカル重合の特徴
・重合する時に収縮し熱を発生する。(体積が小さくなる)
・空気中の酸素によって重合阻害を受ける。
(表面に残留モノマー[未重合]が残る。これが未硬化ジェル。)

(3)ハードジェルとソークオフジェルの違い
モノマーやオリゴマーの選択(分子量、反応点の数、分子構造)により硬化状態(強度、耐久
性)を変化させることが出来ます。ハードジェルとソークオフジェルはモノマー及びオリゴマー
の配合による違いです。
①ハードジェル
分子の結合面が多く、硬く強い重合体(ポリマー)を作ります。
その強い結合力がハードジェルの特徴として美しい光沢が持続しネイルテクニックにより長さ
やアーチロケーション(高さ、丸味)を出す事が出来ます。
一般的には溶剤では溶けないのでオフする時はファイリングをする必要があります。
②ソークオフジェル
分子の結合面が少なく、結合力が弱まり柔軟性のある重合体(ポリマー)を作ります。
その柔軟性を生かしナチュラルネイルにフィットしやすくポリッシュ感覚で違和感がありません。
感じません。
カラージェルを使用したカラーリング、デザインはツヤと耐久性はカラーポリッシュより優れて
いて溶剤で簡単に落とせることが特徴です。

(4)ジェル商品について
●べースジェル
ジェルカラーリングをする上で重要な役割をします。
ベースジェルを塗布することで、ナチュラルネイルとの密着度を高め、色素沈着を防ぐことが
できます。
●カラージェル
カラージェルは、ジェルに顔料等を加えたものです。顔料が沈んでいる場合があるのでスパ
チュラなどでかくはんしてから使用します。(スパチュラ等プラスチックや金属製の消毒可能な
ものを使用すること。)
*かくはんの必要の無いものもあります。
●トップジェル
カラージェルをコーティングすることで、ツヤを出し持ちを良くする役割をします。
●クレンザー
クレンザーは、未硬化ジェルを拭き取るものです。
●プレプライマー
ナチュラルネイルにジェルを使用する時に重要な役割をします。
水分や油分を除去し、ジェルのリフトを防ぎ、清潔な状態にします。
●プライマー
プレプライマー塗布後、使用することでさらに密着を高める役割をします。
*メーカーによっては使用しないこともあります。

(5)プレパレーション(下準備)について
メタルプッシャー等を使用し、キューティクルのプッシュアップ後ルースキューティクルの処理
を行い、ナチュラルネイルとの密着を高めるためのサンディングを行います。
サンディング後は、ダストを完全に取り除き、プレプライマーなどで水分、油分を除去し、必要
な場合はプライマーを使用することがあります。
プレパレーションは、ジェルネイルを行ううえで大切な工程となり、サンディングを丁寧に行うこ
とで、仕上がりや持ちに違いが出ます。
プレパレーションとは、ジェルネイルとナチュラルネイルの密着を高める工程です。



ネイリスト通信講座探す